Japanese Review of Cultural Anthropology (JRCA) への投稿に関するお知らせ

2017年02月15日

JRCA編集委員会

 学会英文誌 Japanese Review of Cultural Anthropology (JRCA) は、本年度より年2号の年2号発刊しております。編集委員会は、以下の要領で論文・研究ノートおよび特集を募集します。奮って応募してくださるようお願い致します(ただし、書評に関しては、投稿申請は不要であり、随時投稿可能ですが、投稿に際しては以下の刊行スケジュールを参考にしてください)。

  1. 原則として投稿者は本学会員であること。ただし、特集の場合、代表者が本学会員の場合は、その他の投稿者が全体の3分の1を超えなければ、非会員でもかまいません。

  2. 投稿規程については、前号の末尾を参照ください。

  3. 論文・研究ノートの投稿の場合は、以下のスケジュールで原稿締め切りを設定いたします。(ただし、書評に関しては、投稿申請は不要であり、随時投稿可能ですが、投稿に際しては以下の刊行スケジュールを参考にしてください。)


  4. 特集の投稿の場合も、上記刊行予定および締切をご参考に、投稿してください。掲載号については、ご希望を伺いながら、柔軟に対応しますので、ご相談ください。また、特集については、以下のようにご準備ください。

    1. 代表者は特集の趣旨を説明した序文を付し、各論文がJRCAの投稿規程および形式に沿っていることを確かめ、まとめて投稿してください。
    2. 特集の場合の各論文の長さはresearch notesに準じて5,000語程度とします。
    3. 原則として、論文数は 序文を除いて5本以内とします。それ以外の場合は、あらかじめ編集委員に相談ください。
    4. 特集の論文も査読の対象となるため、特集としての掲載が認められた場合にも、その特集を構成するすべての論文の掲載が認められるわけではありません。

  5. 投稿予定者は、投稿票を、投稿予定の論文のタイトル(仮も可)、特集代表者は、特集の意図および各論文の執筆者・タイトル(仮も可)を、締め切り1ヶ月前までに提出してください。

  6. JRCAは査読制を採用しています。査読基準はJRCAの巻末にあるReview Proceduresに明記してあります。

    投稿先および問い合わせ先:jrcaeditor[at]jasca.org(@を[at]に置き換えています)


投稿要領

  1. 本誌に投稿する論文は、同時に他誌・他書にて出版のために投稿中のものであってはならない。

  2. 投稿論文は、「論文」、「研究ノート」のいずれのカテゴリーを希望するか明記する。「書評」は、注目すべき新刊書の内容についての簡潔な紹介・コメントから、オリジナルな評価や見解を含むものまでを対象とする。

  3. 論文は、10,000語以内、研究ノートは、5,000語以内、書評は2,000語前後までを目安とする。

  4. 特集については、以下のようにご準備ください。

    1. 代表者は特集の趣旨を説明した序文を付し、各論文がJRCAの投稿規程および形式に沿っていることを確かめ、まとめて投稿してください。

    2. 特集の場合の各論文の長さは research notes に準じて5,000語程度とします。

    3. 原則として、論文数は 序文を除いて5本以内とします。それ以外の場合は、あらかじめ編集委員に相談ください。

    4. 特集の論文も査読の対象となるため、特集としての掲載が認められた場合にも、その特集を構成するすべての論文の掲載が認められるわけではありません。

  5. 原稿(論文・研究ノート・特集論文・書評)の形式は、A4版、ダブルスペースで、余白は上下左右いずれも2.5cm以上とする。

  6. 原稿(論文・研究ノート・特集論文・書評)の表紙頁には、タイトル、著者の氏名と所属、および原稿のやりとりをするための住所を記す。書評の場合は、書誌情報(タイトル・著者名・出版年・出版社・出版地・頁数)を掲載する。

  7. 原稿(論文・研究ノート・特集論文)の2頁目には、アブストラクト(150語以内)および、キーワード(10個以内)を含む。

  8. 文中の引用には、著者名・出版年・引用頁を表記する。文末に、アルファベット順に引用文献を記す。雑誌論文は、著者名・出版年・論文タイトル・雑誌名・巻・号・始めと終わりの頁を記す。書籍は、著者名・出版年・書籍タイトル(または、論文タイトル・編者名・書籍タイトル・論文頁)・出版地・出版社を記す。

  9. 表は、内容を説明するタイトルを付し、別ページに記し、文中におおよその挿入箇所を明記する。

  10. 図は、印刷に耐えるものを作成し、別ページに一つを一頁ずつ記し、本文中におおよその挿入箇所を明記する。

  11. 編集委員会は、図表の作成や英文校閲のための経費について、必要に応じて筆者に負担をお願いする場合がある。

  12. 表紙頁、アブストラクト、キーワード、本文、注、引用文献は、すべて一つのファイルに作成する。図表は別ファイルを作成する。

  13. 投稿は、@オンラインの電子投稿サイトを使用する、あるいは、A電子ファイルを投稿票とともにjrcaeditor[at]jasca.orgに投稿する。そのいずれも不可能の場合は、Bjrcaeditor[at]jasca.orgにて相談に応じる。電子ファイルは、MS Word (*.doc, *docx) または Rich Text (*.rtf) のいずれかのフォーマットで作成する。文中に、電子ファイルで正確に表記されない文字、印、図表などが含まれる場合は、ハードコピーを郵送にて別途、下記住所に送る。

  14. Japanese Review of Cultural Anthropology (JRCA)に掲載された論文・研究ノート等の著作権は、日本文化人類学会が保持する。掲載にあたって、各著者は学会への著作権委譲の書面をご提出ください。なお、委譲にあたって著者が保持する権利については、『文化人類学』掲載論文等利用許諾基準に定めている。

JRCAのオンライン投稿先:
http://www.jasca.org/form_mailer/jrca_form.html

電子ファイル送付の場合の送付先:

jrcaeditor[at]jasca.org(@を[at]に置き換えています)

編集に関わる連絡は、上のアドレスを使用すること。編集者への連絡はすべてタイトルに「JRCA」を含むこと。

郵送の場合は、下記の住所を使用のこと。

〒108-0073 港区三田2-1-1-813 日本文化人類学会JRCA編集主任

JRCA執筆要領

掲載論文等の書式の一貫性を保つために、より詳しくは「JRCA執筆要領」に従って執筆してください。原稿執筆の段階から書式の統一に協力いただくと、その後の編集と印刷工程の作業が大幅に軽減されます。ご協力をお願いします。

JRCA執筆要領」のファイルはJRCA専用のテンプレートで作られています。ダウンロードし、中に記載されている要領に従って執筆すれば、JRCA用テンプレートを使って原稿を作成することができます。
JRCA執筆要領」ダウンロード
MsWord−Xp 2003