平成28年熊本地震の被災会員に対する2017年度会費徴収特例措置について

2017年5月13日

第27期会長 松田素二

  日本文化人類学会では、平成28年熊本地震によって被災した会員の研究教育生活の状況を考慮し、理事会の議を経て、昨年度に引き続き、下記により「2017年度会費徴収特例措置」を実施することとしましたので、会員のみなさまにお知らせいたします。

 特例措置の内容

  1. 特例措置の対象者は、平成28年熊本地震により被災し、会費納入に困難を抱えている会員(家族等の被災により経済的負担を余儀なくされている会員を含む)とします。

  2. 特例措置により、会費は全額免除とします。

  3. 特例措置の適用は、本人による適用を希望する旨の申請と、理事会による承認を経るものとします。申請の書式は学会ホームページからダウンロードすることができます。

申請書のダウンロード →    

付記:
 
 本措置は2017年度の会費徴収に限って適用するものであり、2018年度以降は適用の延長ならびに適用内容について、単年度ごとに当該年度の理事会で審議・決定するものとします。
 また、2016年度に申請をされなかった方でも、その後、被災の影響で、会費納入が困難になった場合には、ご申請いただくことができます。


本件の連絡先:
【日本文化人類学会事務局】
〒108-0073東京都港区三田2-1-1-813
メール: hoya@jasca.org(@を半角にしてください)
TEL: 03-5232-0920
FAX: 03-5232-0922